京都で結婚式や成人式の時に便利な着物レンタル~メリットやデメリットは?~

首都圏にすむものですが、私自身の着物の思い出というのはやはり、成人式にやや無理をして晴れ着を高価で購入ししたことと、其の日はたまたま雪模様の日で折角の振り袖が雪が溶けた泥水が、美しい柄模様の着物に跳ね上がって汚れてしまった記憶ですめ。

幼いころに片親に死なれて、一人で頑張って私を育ててくれましたが、いよいよ成人を迎えるにわたって私自身は普段の洋服、又はレンタルの着物でもいいかなと思っている時に、母親は「あなたの鋳物を買うために、せっかく貯金をしていたので、遠慮しないで新しい着物の買いなさい」と言われたのです。
そして、結果として25万円もする高価な着物を、名のあるデパートで購入したのでした。

その時の、有り難い気持ちと成人式の当日に、式が終わった後とは言いながら、泥跳ねで汚してしまったことは、忘れられない物になってしまったのです。 もっともその後は丁寧にクリーニングして暫くは保管していましたが、その後は友達の結婚式などにも何回か来た時もあり、今では静かに和装ダンスの中に眠っているのです。

さて、伝統的な美しい日本の和装や着物というものは、外国人から見ても羨ましいとも言われています。 現在では最も一般的なのはやはり女性たちの和服の着物とも言われていて、其の着物も種類は様々でしょうが其の中でも女性の正装と言われるものは、やはり和服着物とも言われています。

そして其の着物の中でも、一般の女性で先ず着れるのは振り袖であり、既婚者の場合で着るのに最も格調の高いモノを留袖と言ったりしていますが、特に未婚者や若い女性が着用する着物に振袖と言って長い袖のものが特徴です。

このように着物というのは大まかに分けて振袖、そして留袖のことになりますが、其の中でも留袖は冠婚葬祭にも着られて部屋の箪笥の中にも常に常備されていますが、此れよりより華やかで貴重なものに振袖というのがあります。 特に振袖の場合は色や柄、織り方で其れ等の種類も多く、又、これ等の織り方や製法によってはかなり高価にもなってまいります。

余り着る機会のない振袖が50万も100万円もして購入するのは勿体無いとす考え方もあり、ついつい購入機会をなくしてしまうケースもあります。 こんな時に便利で着こなし貰える「着物レンタル」というのがございます。

成人式や結婚式などにおいても、振袖の女の子が一杯いて実に華やかで御めでたい感じもいたします。 そんな中でも最近は振袖のレンタルと言う便利な方法があるのです。
確かにレンタルと言うのは、高価な振袖をはるかに買入価格よりかなり安い値段で着ることができるし、又、保管場所もいらないしチョッと面倒な御手入れなどの必要がないのがいいですね。

其れに、兎に角必要なときに一回限りのレンタルなので、高級感のある色や柄などを選んで思い切ったの振袖着物を選ぶこともできます。 勿論、レンタルと言っても着物だけを借りるわけではなく、ヘアメイクやネイル等の化粧や小物もチャントついているのです。
因みに、レンタルの一般的な費用ですが、色々と条件などもありますが、写真や小物などを含め世間並みにも1日で10万円からでも十分すぎるほどの保障はしてくれるようです。

==参考==
着物レンタル京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です